2chに個人名や住所、電話番号かかれるストーカー対策

blog

”巨大掲示板の2chに私の名前がストーカーに書き込まれた”という相談を昨日受けました。住所も、電話番号も書き込まれてしまったそうで、不安ばかりが先立つ状態だといいます。

また、事実とはことなることがらまで書き込まれてしまい、職場生活にも影響が出始めたということです。

単に名前が書き込まれただけではなく、「○○と不倫している・・・・」など、事実でないことを書いていたり、「○○こんな悪趣味を持っている」と書き込まれたり、言いたい放題という状態だそうです。

2ちゃんねる被害は結構身近に

2ちゃんねるを使ったプライバシーの侵害、個人情報の漏洩、誹謗中傷や風評被害は結構大きく影響がでているようです。こうなった場合は、2ちゃんねる削除を依頼することになりますが、現在は2ちゃんねるは分裂状態だそうです。

2ch.net と2ch.sc この2つの掲示板サイトに削除要請をすることなり、運営会社の母体はなんと海外にあるようです。また、ミラーリングしているようで、2ch.netで書き込んだ内容が、.scへコピーされたり、.scの方がより削除が困難であったりと難しい面がたたあるようです。

これはこまったものですね。また、削除依頼が簡単に通らないそうで、凍結されてしまったりするようです。

2ちゃんねる対策で重要なのは、「弁護士に依頼しなさい」と、「裁判所の仮処分」を勝ち取りなさいということ。どうやら2ちゃんねるは、個人の申し立てには応じず、「裁判所の命令には」従うという方針みたいですね。特に.scはその傾向が強いようです。また、削除依頼も「運転免許証のコピーを添付しろ」とのことで、海外に個人情報をおくるのには悪用されるのではないか?と不安がありますね。

ネットに強い弁護士に相談しよう!

また、弁護士ならだれでもよいか?というとそうではないらしいです。ネットを専門的にあつかっている弁護士にたのまないと逆炎上もありうると書いてありました。なるほど奥が深い、ネットの流儀みたいなのがありそうです。

お友達には、自分なりに解釈した内容をまとめ、サイトのURLを教えて終わりましたが、今後こういった相談はふえていくのだろうなと思います。

自分の名前で時々検索して、変な情報がひろまっていないか?などみなさんもチェックしてみるようにしてください。

水耕栽培キットは意外に場所をとる

ユーイングから発売されている水耕栽培キットのグリーンファームが手頃で人気ですね。
レタスなどを育てるのであれば、グリーンファームはすごく良いと思います。
すでにセットになっているので、自分であれこれと揃える手間がないのでいいですね!
ただ、グリーンファームのような水耕栽培キットは、部屋が狭い人には向きません!
実際にグリーンファームを使用している人のブログを見たらわかると思いますが、結構場所を取るんですよ。
家が広い人には良いと思いますが、一人暮らしで狭いと、グリーンファームだとちょっときついかなと思いました。
水耕栽培でもペットボトルなどを使用して簡単に育てた方が、部屋が狭い場合には良いと思います。
ペットボトルは場所を取らないので良いですね。
部屋に合わせてどのような容器を使うか、よくよく考えた方が良いと思います。
育てている間は、栽培スペースが必要になりますので、あんまりにも大きなキットを使ってしまうと、部屋が狭くなります。

水耕栽培では気候も重要

水耕栽培で、意外に重要なのが『温度』と『日光』の問題。
そのため、地域によって、水耕栽培が向いている地域もあれば、あまり向いていない小さいもあります。
特に温かい温度を好む植物は、寒冷地帯ではあんまり向かないですし、暑さに弱い植物は、温かい地域では育てにくいという部分があります。
こまめに植物の面倒が見れる人だったら問題ないですが、やはり品種によっては、初心者には難度が高くなるケースがあります。
種まきの時期や、植物の性質を少し勉強するだけで、収穫の確率が高まります。
まずは自分が育てたい植物が、自分の生活環境でも育てやすいのか、チェックする必要があります。
もしも大丈夫なようなら、その品種を選んでもOKですが、もしも合わない場合は、初心者だったら育てやすい品種に変えることがおススメです。
初心者の場合、まずは『成功した経験』から、自信をつけることが大事です。
最初から失敗をしてしまうと、水耕栽培を続けるモチベーションが低くなってしまうので危険です。

土木工事と中層マンションの解説

低層マンションよりは高いけれど、高層マンションよりは低い一般的なマンションを中層マンションなどと呼ぶこともあります。大体5階建てから10階建てぐらいのマンションを中層マンションと呼びますが、明確な決まりがあるわけではありません。そんな中層マンションの建設工事も土木工事業者は受け持っています。

このぐらいの規模になると、駅前などにも建築されることが多いですし、郊外にも建てられることが多いので、とても需要が高いと言えるでしょう。しかも入居できる人数も多くなりますし、部屋数も多くなるので、その分工事にも時間がかかってしまいます。中には工事を行いにくい場所もあります。

当然建設工事だけではなく、電気設備や水道工事もきちんと行わなければいけませんし、場合によっては駐車場や駐輪場の工事も同時に行います。建設前には土地の整備なども必要になるので、大変な面もたくさんあります。しかし、マンション工事の中では最も需要が多いので、業者から見れば中層マンションはありがたい存在だと言えるでしょう。

高層マンション

都心の大きな駅前などでは、最近高層マンションがよく建設される傾向にあるのですが、何階以上を高層マンションというのかという定義は特にないものの、11階建て以上を高層マンションと呼ぶことが多くなっています。高層マンションは当然部屋数がかなり多くなりますし、エレベーターの設置も必要になります。

そのため、建設工事もかなり難しくなりますし、時間もかかってしまうでしょう。中には超高層マンションと呼ばれている数十階建てのかなり高いマンションもあるので、このような高いマンションの工事をするときに注意するべきことは、物が落下しないようにすることです。

かなり高い位置から物が落下すると、大事故に繋がってしまうことが多いので、安全面にはどこの土木工事業者であっても十分に注意を払っています。また、耐震強度も十分なければいけませんし、雨風に晒されても耐えられるような作りにする必要もあるので、低い階層のマンションよりも苦労する点がたくさんあるのです。