水耕栽培キットは意外に場所をとる

ユーイングから発売されている水耕栽培キットのグリーンファームが手頃で人気ですね。
レタスなどを育てるのであれば、グリーンファームはすごく良いと思います。
すでにセットになっているので、自分であれこれと揃える手間がないのでいいですね!
ただ、グリーンファームのような水耕栽培キットは、部屋が狭い人には向きません!
実際にグリーンファームを使用している人のブログを見たらわかると思いますが、結構場所を取るんですよ。
家が広い人には良いと思いますが、一人暮らしで狭いと、グリーンファームだとちょっときついかなと思いました。
水耕栽培でもペットボトルなどを使用して簡単に育てた方が、部屋が狭い場合には良いと思います。
ペットボトルは場所を取らないので良いですね。
部屋に合わせてどのような容器を使うか、よくよく考えた方が良いと思います。
育てている間は、栽培スペースが必要になりますので、あんまりにも大きなキットを使ってしまうと、部屋が狭くなります。

水耕栽培では気候も重要

水耕栽培で、意外に重要なのが『温度』と『日光』の問題。
そのため、地域によって、水耕栽培が向いている地域もあれば、あまり向いていない小さいもあります。
特に温かい温度を好む植物は、寒冷地帯ではあんまり向かないですし、暑さに弱い植物は、温かい地域では育てにくいという部分があります。
こまめに植物の面倒が見れる人だったら問題ないですが、やはり品種によっては、初心者には難度が高くなるケースがあります。
種まきの時期や、植物の性質を少し勉強するだけで、収穫の確率が高まります。
まずは自分が育てたい植物が、自分の生活環境でも育てやすいのか、チェックする必要があります。
もしも大丈夫なようなら、その品種を選んでもOKですが、もしも合わない場合は、初心者だったら育てやすい品種に変えることがおススメです。
初心者の場合、まずは『成功した経験』から、自信をつけることが大事です。
最初から失敗をしてしまうと、水耕栽培を続けるモチベーションが低くなってしまうので危険です。