排水口の詰まり

水道工事業者に依頼が多い案件は、排水口の詰まりです。排水口は水を使用すれば必ず水と一緒にいろいろな物が流れ出します。風呂場であれば髪の毛やホコリが一緒に流れますし、台所であれば調理をしたときに刻んだ野菜の切れ端が一緒に流れることもあるでしょう。少量であれば詰まる可能性は低くても、毎日流していれば大量に詰まっていることになります。

塵も積もれば山となるということわざがあるように、1回で流してしまう不純物は少量でも、毎日流し続けていれば大量になるのです。すると今までは普通に水が流れていたのに、突然水の流れが悪くなり、最終的には流れなくなってしまいます。排水口が詰まった場合には、すぐ水道工事業者に依頼しましょう。

作業料金は業者や詰まりの程度によっても変わりますが、大体4000円前後になっています。少しでも作業料金を安くするには、水の流れが悪くなった時点ですぐ依頼することです。完全に詰まってからよりも、流れが悪くなった時に依頼した方が、作業が簡単なので料金も安くなるのは当然です。

流し台の新設と交換

台所は料理を作るときには必ず利用します。長年使用していると、やはり汚くなってしまう場合や、へこみなどができてしまう場合もあります。リフォームするときには新たに流し台を新設したいという人もいるでしょう。このような工事も水道工事業者に依頼することが可能です。

流しは通常ステンレスで作るので、そう簡単にへこんでしまうことや、亀裂が入ってしまうようなことはありません。しかしきちんと掃除をしないと、汚れがこびりついて傷みが早くなってしまうでしょう。賃貸住宅などでは1人暮らしをする人も多いので、あまり流しを掃除する機会がない場合もあります。

そうすると汚れもかなり酷くなってしまうため、いずれは交換するようになります。水道工事業者は金属加工を行っているわけではありませんので、技術的にはどこの水道工事業者でも同じです。ただし、交換や新設の料金、顧客に対する態度などは業者によって変わるので、評判がよくて料金が安い水道工事業者がおすすめできます。